【さんまの選び方】
①背中が厚く、頭の後ろが背中に向けて盛り上がっている(脂が乗っている)
②背中が青黒く、腹がピカピカ光っている(鮮度が良い)
【フライパン使用】
フライパンとクッキングシートを使えば、簡単に焼けて、後片付けもラクチンです。
1. さんまをよく洗って、キッチンペーパーで水分をふき取り、両面に少し離れた位置から塩を振りかけます。
2. フライパンにクッキングシートを敷き、さんまを半分に切り、のせます。
3. はじめは強火で、裏返してからは中火で焼きます。
さんまから脂がじわじわ出てきますが、
クッキングシートのおかげでべたつかず、煙もほとんどでません。
4. 焼いた後のフライパンは汚れも少なく、後片付けも簡単です。
【グリル使用】
焼き魚の一番のコツは、強火で表面を焼き上げ、旨みと水分を閉じ込めること!
そのためには、強火で1〜2分ほど予熱しておくことがポイントです。
※表面がパリッと仕上がります。また焼き網へのくっつき防止にもおすすめです。
魚を洗って塩を振りかけるまでは、【フライパン使用】と同じです。
1. 焼き網の中央部はさけ、端に寄せて焼きます。
多くのグリルは端の方が火力が強い為です。
2. 焼き時間は上下強火で約11分です。
片火グリルの場合は片面約6分ずつ様子を見ながら焼きます。