盛りつけた時に、表から見えないところに隠し包丁を入れておくと、火の通りがよく、
味がしみこみやすくなります。
1.
大根の真ん中の部分は煮物にするとおいしい。
葉に近い部分は甘みが多いのでサラダなど生食向き。しっぽの方は辛みが強いので、焼き魚等の薬味向き。
2. 大根を厚さ3〜5cm位に切り、皮をむく。
3. 切り口の角に沿って浅くむきとり面取りをし、煮たときにくずれないようにする。
4. 片側の面から崩れない程度まで切込みを十文字に入れる。
隠し包丁であるから、裏側にだけ切り込みを入れる。
5. 煮込んだときに味を早くしみこませる効果がある。
6. 約10分間煮込んだ状態。
隠し包丁を入れた右の方が、中までしみこんでいる。