名古屋名物、1つの食材で3度おいしい、暑い夏に元気の出るメニューです。
材料(4人分)
米…2合 うなぎの蒲焼…2尾 うなぎのたれ…大さじ1 酒…大さじ2
<だし汁>: 水…800ml 昆布…4cm長さ かつお節…8g 塩…小さじ1/2
<薬味>: 万能ねぎ、糸みつば、みょうが、刻みのり、白いりごま、わさび、
山椒など、お好みのものを3〜4種適量ずつ。
1. 米は洗って30分以上浸水し、酒、うなぎのタレを加えて炊飯器内釜の2合の目盛りに合わせて水加減をして、普通に炊く。
うなぎ蒲焼を、一口大にきる。
2. だし汁を作る。
鍋に水と昆布を入れ、20分〜30分浸しておく。
中火にかけ、ふっとう直前に昆布を取り出し、ふっとうしたらかつお節を入れてすぐに火を止める。
かつお節が沈んだら、キッチンペーパーでこし、塩を加える。
3.
薬味として、万能ねぎ、刻みのり、白ごま わさび等を用意しておく。
4. ご飯が炊き上がったら、一口大に切っておいたうなぎをご飯の上にのせ、約10分間蒸らす。
一杯目は、うなぎとご飯を混ぜたものをそのまま茶碗によそっていただく。
5. 2杯目は、うなぎとご飯を混ぜたものに、薬味を入れていただく。
6. 3杯目は、2杯目と同じように、薬味をのせ、更にだし汁をかけてお茶漬けのようにいただく。
だし汁の他に、緑茶やほうじ茶でもおいしい。