チンジャオロースーの作り方
チンジャオロースーは手軽に作れる中華料理。炒め物は材料と調味料を準備したら、手早く仕上げられるスピードメニューです。青椒(チンジャオ)は中国語でピーマン、絲(スー)はせん切りという意味です。肉(ロー)は中国では豚肉を表すので、牛肉を使う場合は正式には青椒牛肉絲(チンジャオニュウロースー)といいます。
材料(4人分)
牛もも薄切り肉…250g
A しょうゆ…小さじ1と1/2
酒…小さじ1と1/2
片栗粉…小さじ1と1/2
サラダ油…小さじ1と1/2
ピーマン…5個
たけのこの水煮…120g(約1/2個分)
にんにく…小1かけ
サラダ油…大さじ2
合わせ調味料
砂糖…大さじ1/2、しょうゆ…大さじ1、
酒…大さじ1、オイスターソース…大さじ1
調理時間の目安:約15分
牛肉は、ロースなど脂肪分が多く柔らかい部位を使う場合は、せん切りにするとちぎれやすいので焼肉用などやや厚めのものを使うとよいでしょう。
作り方
1. 牛肉は繊維の方向に沿ってせん切りにし、Aのうち、しょうゆ、酒、片栗粉を加えてもみこむ。次にサラダ油を加え、全体になじませる。
  牛肉をよく見て、繊維の方向を確認して切ってください。繊維に直角に切ると、炒めた時にぼろぼろになってしまいます。
  サラダ油を加えるのは、炒めた時に肉をほぐしやすくするためです。先にサラダ油を加えると、牛肉に膜を作ってしまい、調味料が染み込みにくくなるので後から加えます。
2. ピーマンを縦半分に切り、へたと種を除く。縦の方向にせん切りにする。
  半分に切り、ヘタの部分を下にして立てて持ち、三角に切り込みを入れて種とヘタを切り離すと、実の部分を無駄なく使えます。また、手でへたと種を取り除く方法もあります。
3. たけのこは繊維に沿ってせん切りにする。
  繊維に沿って切るとしゃきしゃき感が出ます。
4. にんにくはみじん切りにする。
5. 合わせ調味料の材料を合わせておく。
  一気に炒め合わせて仕上げる料理の場合には、炒める前に合わせ調味料を用意しておくと手際がよく、短時間で作れるのでしゃきっとした仕上がりになります。
6. 中華鍋(またはフライパン)にサラダ油大さじ1を入れて強火にかける。
  ピーマン、たけのこを入れて炒め、全体に油がまわったら火を止め、ボウルなどに取り出します。
7. 残りのサラダ油大さじ1とにんにくのみじん切りを入れる。再点火して中火にし、下味をつけた牛肉を入れてほぐすように炒める。
  炒める際にかき混ぜすぎると牛肉が崩れてしまうので注意してください。
8. 肉の色が変わったら、6の野菜を戻し、合わせ調味料を加えて手早く混ぜる。
  炒め終わったらすぐ盛り付け皿に移してください。火を止めても、鍋の中に入れたままだと予熱でさらに火が通り、野菜がしんなりしてしまいます。