マルエツの人

先輩社員インタビュー

どんなときも支えてくれる上司や
助け合える仲間がそばにいる。
自分の成長や喜びを
たくさんの人と共有できる。

マルエツ 営業マネジャー 兼
日配加食マネジャー

川口 雄也 Yuya Kawaguchi
2013年 入社

#01

入社のきっかけは?

ANSWER

学生時代は理系でしたが、「食を通じて人々の生活に役立てる仕事がしたい」という思いで就職活動をしており、複数のスーパーマーケットの選考を受けました。マルエツを選んだ理由は、他社さまと比べて福利厚生や人事・教育制度が充実していたことに加え、説明会で出会った採用担当者のみなさんの人柄に惹かれたことが大きいです。また、入社前に参加した内々定者向けのイベントを通じて、会社のアットホームな雰囲気を感じられたことも入社の決め手となりました。

#02

入社から現在までのキャリアは?

ANSWER

2013年に新卒で入社し、日配加食部門(現:日配加食)に配属されました。社会人としてのマナーを身に付けながら、商品の仕入れや販売などのプロセスを学び、約6年間で3つの店舗の担当者として経験を積みました。その後、2019年にマネジャーへ昇進し、現在は営業マネジャー 兼 日配加食マネジャーとして店舗全体を見ながら管理職業務について学んでいます。

#03

日配加食のお仕事とは?

ANSWER

日配加食では、卵や牛乳、豆腐、納豆、飲料、冷凍食品、調味料など、生鮮品以外のさまざまな食品を扱っています。仕事内容としては、予算達成に向けた販売計画の立案と販売計画に基づいた商品の仕入れ・陳列・販売がメインとなりますが、その中で「どのように工夫したら商品が売れるか」「いかにロスのない販売ができるか」を常に考えながら、自らの意思で売場を作ることが求められます。取り扱う商品の種類も多く、日配加食だけで店舗の売上構成の約半分を担っていることもあり、仕事のやりがいも大きいと感じています。

#04

1日の仕事の流れは?

ANSWER

出勤したらメールチェックと前日の数値確認を行い、1日の仕事の流れを組み立てます。その後、売場全体を確認し、商品補充などの開店準備に取り掛かります。開店後は売場の整理を行いつつ、10時頃に到着する特売便の荷受けと商品の品出し、12時頃に低温センターから届けられる冷凍食品の荷受けを行った後、お昼の休憩を取ります。午後からは販売計画を中心とした事務作業を進めつつ、15時に到着する定番便の荷受け・仕分けを行い、夕方のピークタイムに向けて売場を整えていきます。その後は翌日の準備と事務作業を行い、最後に売場をチェックしてから退店します。

#05

もっとも自分の成長を感じた出来事は?

ANSWER

新任マネジャーとなり、前任の先輩マネジャーから業務の引き継ぎを行ったとき、以前は担当者として一方的に仕事を教えていただく立場でしたが、引き継ぎの際は、同じマネジャーとして対等に接していただき、店舗特性や数値状況の確認を一緒に進めていくことができました。引き継ぎ中に、「川口さんならマネジャーになっても大丈夫だよ!」と優しく声をかけていただけたことが何よりもうれしかったですし、自分が成長したことを実感することができました。

#06

仕事での失敗談はありますか?

ANSWER

入社して3カ月目の話になりますが、当時の私は「1日でも早く仕事を覚えたい」という気持ちもあり、無我夢中で仕事をしていました。そんなとき、品出しのために冷蔵庫から牛乳を取り出そうとしてドアの段差に足を引っ掛けてしまい、牛乳を辺り一面にぶちまけてしまったのです。私が慌てていると、「誰でもミスはするもの。ほかのことで取り返せばいいよ」と優しく声をかけてくれた上司とパートナーさんが一緒に片付けを手伝ってくれました。この出来事を通して、仕事ではスピードだけでなく正確性も大事にしなければならないことを理解しました。また、ミスをした人を責めるのではなく、互いにフォローし合うことの大切さも学ぶことができたと思います。

#07

一般社員とマネジャーの仕事の違いは?

ANSWER

マネジャーは所属の責任者であるため、目の前の状況だけではなく、数値や従業員の管理なども含め、所属全体の状況を把握しておく必要があります。また、何か問題が発生した場合は、状況に応じて最適な判断を下しながら実行していく必要があるため、一般社員に比べると仕事の範囲や責任は大きくなりました。もちろん、責任が大きい分だけ仕事の裁量も大きくなったので、やりがいも増しています。

#08

日々、仕事をしていく上で大切にしていることは?

ANSWER

売場全体の様子を見て行動することと、従業員と積極的にコミュニケーションを取ることの2つを大切にしています。売場全体の様子を把握しておくことで、任せられる業務とフォローが必要な業務を確認し、一部の従業員だけに負荷がかかるような状況を作らないようにしています。また、パートナーさんやアルバイトさんとは世間話レベルでもいいので、できるだけ頻繁にコミュニケーションを取るように心がけています。職場を楽しく、働きやすい雰囲気にすることが、従業員全員のモチベーション向上や仕事の効率アップにつながると考えています。

#09

今後の夢や目標は?

ANSWER

まずはマネジャーとして経験を積み、管理職の業務についてしっかり学んでいきたいと思っています。今後の目標としては、5年以内に店長代行を目指し、30代のうちに店長になれるよう努力していきたいです。私がこれまでの店舗でお世話になってきた店長の方々を見習い、パートナーさんやアルバイトさん、従業員のみんなから信頼されるような店長になりたいですね。

MESSAGE人と人とのつながりを大切にし、
助け合いの中で成長できる会社です!

マルエツは、本人の意欲や努力をしっかりと評価してくれるアットホームな会社です。私は学生時代、理系の大学で化学について学んでいたので、小売業界のしくみについては何も知らない状態で入社しました。そんな私でもマネジャーになることができたのは、何よりも私を支えてくれた周囲の方々のおかげであり、マルエツの充実した教育制度、人と人とのつながりを大切する社風、仲間同士で助け合う文化があったことが大きいと思います。また、本人の意欲次第でさまざまなキャリアアップの道が用意されていることもマルエツの魅力です。ぜひ、私たちと一緒にマルエツ100周年に向けて新しいことにチャレンジしてみませんか?