沿革

1945

魚悦商店を埼玉県浦和市(現・さいたま市)にて創業

1952

有限会社魚悦商店設立

1959

有限会社丸悦ストアーに商号変更

1965

セルフサービスの1号店「大宮店」開店

1970

東京都に進出 / 株式会社丸悦ストアーに組織変更

1974

株式会社マルエツに商号変更

1975

埼玉県大宮市(現・さいたま市)に、大宮物流センターを開設

1976

千葉県に進出

1977

食品スーパーマーケットで初めて東京証券取引所市場第二部に上場

1978

株式会社プリマートと合併し、首都圏で100店舗を超える

1979

消費者モニター制度導入

1981

サンデーマート株式会社の株式取得

株式会社サンコーと合併

1984

東京・大阪両証券取引所市場第一部へ指定替え

1986

POSシステム導入開始

1989

本社を東京都豊島区東池袋に移転

1991

健康と食文化実践室「いーとぴあ」開設

1993

盲導犬育成募金開始

1995

緑化資金導入

1996

お客さまの声を反映する「店長への直行便」導入

1999

「マルエツふれあいショッピング」開設

平成11年度「消費者志向優良企業通商産業大臣表彰」受賞

2000

平成12年度 障害者雇用優良事業所および優秀勤労者表彰式において「労働大臣表彰」受賞

2001

株式会社すえひろと業務・資本提携

2002

株式会社ポロロッカ株式取得

株式会社日本流通未来教育センター設立

マルエツ200店舗達成

2003

サンデーマート株式会社と株式会社すえひろが合併

2004

盲導犬育成募金累計1億円突破

2005

第4回「東京都グリーンコンシューマー奨励賞」受賞

2006

新経営理念制定

ISO14001認証取得(本社および5店舗)

2007

新シンボルマーク、ブランド理念を制定

イオン株式会社、丸紅株式会社と業務提携

サンデーマート株式会社・株式会社ポロロッカと合併

2009

株主優待制度新設

ISO14001認証取得(全社および全店)

厚生労働省「障害者雇用優良企業」認証取得

2010

マルエツ・マルエツ プチ・リンコスの3つに店舗屋号を統合

常温物流センター開設(横浜・八潮)

川崎複合センター開設

2011

マルエツ プチ50店舗達成

東日本大震災被災地復興に向けた支援の取り組み

2012

盲導犬育成募金累計2億円突破

三郷複合センター開設

中国出店に向けて蘇寧電器股份有限公司(現・蘇寧易購集団股份有限公司)と合弁会社を設立

2013

ISO22000認証取得(川崎・三郷複合センター)

水産庁「魚の国のしあわせ大賞」実証事業部門最優秀賞受賞

中国1号店となる「リンコス無錫蘇寧プラザ店」開店

2014

「首都圏におけるスーパーマーケット連合」の創設に関する合意(基本合意書締結)

中国2号店「リンコス無錫海岸城店」開店

「ウナギ資源保護活動」への支援開始

東京証券取引所市場第一部を上場廃止

2015

(株)マルエツ、(株)カスミ、マックスバリュ関東(株)が経営統合し、共同持株会社

「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社」を設立。

同社は、東京証券取引所市場第一部に上場

「第5回カーボン・オフセット大賞」奨励賞受賞

「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」支援賞受賞

2016

東和ベーカリー・デリカセンター開設

2017

株式会社アスビズサポート設立

「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」東北支援賞 2度目の受賞

2018

女性活躍推進法「えるぼし」の2段階目を取得

「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」東北支援賞 2年連続3度目の受賞

2019

盲導犬育成募金累計3億円突破

マルエツカード発行

「東北地域カーボン・オフセットグランプリ」東北支援賞

3年連続4度目の受賞

2020

創業75周年

マルエツ300店舗達成

2021

法人向け無人店舗「スマート プチ」展開開始

2022

経済産業省「DX認定事業者」の認定取得

サービス・商品

マルエツからのお知らせ