お弁当の定番といえば、卵焼きを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
今回は人気メニューの卵焼きをマスターしましょう。
基本の卵焼き
材料(1本分)
卵…2個、塩…ひとつまみ、こしょう…少々、
砂糖…小さじ1、牛乳…大さじ1
サラダ油…小さじ1
調理時間の目安:約10分
牛乳のかわりに、だし大さじ1でもよいです。
水分が加わるとふんわりとした卵焼きになりますが、
加えなくても大丈夫です。
作り方
1. ボウルに卵を割り入れて菜箸でよくほぐし、調味料を加えて混ぜる。
  卵は調理台の角やボウルのふちではなく、調理台の平らなところに軽くぶつけて割ってください。こうすると割った時、卵の殻の破片が入りにくくなります。
2. 卵焼き用のフライパンにサラダ油をひき、中火にかけて温める。フライパンを傾けて全体に油をならし、1の卵の1/3くらいを入れてフライパン全体に広げ、菜箸で軽く混ぜる。かたまりかけたら混ぜるのをやめ、フライパンを傾けて卵をまんべんなく広げる。
  卵は3回に分けて流し、焼いていきます。
3. 卵の表面が乾いてきたら、フライパンの向こう側の部分から2〜3cmの幅で手前にくるくると折り返すように巻いて芯を作る。
  折り返して巻く時には、フライパンを軽く上に振り、弾みをつけると巻きやすくなります。

4. 3をフライパンの向こう側に寄せ、残った卵の半分を流し入れ、全体に広げる。芯を箸で少し持ち上げ、芯の下にも卵を広げる。表面が乾いてきたら3と同じ要領で手前に折り返す。
5. 残りの1を流し入れ、4と同様に手前に巻く。
6. 焼き上がったらフライパンから取り出し、食べやすい大きさに切り分ける。
  形がいびつになってしまった場合は、熱いうちに巻きすで巻き、手で押さえて形を整えるときれいに仕上がります。

卵焼きのアレンジ (分量は基本の卵焼き1本分です。)
★ひょうたん卵焼き
焼きあがってすぐの熱いうちに巻きすで巻く。両側面に菜箸をあててへこませ、輪ゴムで冷めるまで固定しておく。冷めたら2〜3cmの厚さに切る。
★チーズ入り卵焼き
基本の卵焼きの作り方2まで同じ。卵の表面の手前1/3を避けてシュレッドチーズ(ピザ用チーズ)大さじ1を散らす。チーズが溶け切る前に奥から手前に折り返して巻く。この後は基本の卵焼き3以降と同様に2回に分けて卵を流して焼く。
★う巻き
うなぎは12cmの長さ、2cmの幅に切る。基本の作り方2まで同様に作り、フライパンの奥にうなぎを置き、うなぎを芯にして巻く。この後は基本の卵焼き4以降と同様に2回に分けて卵を流して巻く。