ネットいーとぴあ
作ってみよう

主食(パン・ごはん・めん類)

ひき肉となすのカレーの作り方
カレー粉を使って手軽に作る、
スパイシーでさらっとしたカレーです。
太巻き寿司の作り方
巻き寿司は、行楽や運動会など
家族のイベントに大活躍のメニューです。
お雑煮(関東風)の作り方
お雑煮は伝統的な行事食です。
ぜひ「我が家のお雑煮」を作って
新年を迎えてください。
きのこのリゾットの作り方
代表的なお米のイタリアンがリゾット。
ワインとの相性もぴったりです。
炊き込みごはんの作り方
一緒に炊き込んだ野菜や鶏肉からだしが出て、
しょうゆの香りがするおいしいごはんです。
旬の食材やお好みの具で作ってみてください。
フレンチトーストの作り方
卵と牛乳をパンの中までしみ込ませて、外はカリッと香ばしく、中はしっとりふんわり焼き上げましょう。おやつや朝食、ランチにどうぞ。
オムライスの作り方
手軽に作れるメニューですので普段のランチにはもちろん、他にも料理を用意しなくてはならないお子様のお誕生日やパーティーにもぴったりです。
サンドイッチの作り方
サンドイッチは、学校や会社のランチにも、遠足やピクニックなど行楽のお弁当にもぴったり。
いろんな種類の具材を組み合わせて、おいしいオリジナルサンドイッチを作ってください。
中華まんの作り方
生地をこねたり具を包んだり、
という作業はお子様も一緒に楽しめますので、
親子でおやつ作りはいかがでしょうか。
スパゲッティ・ペスカトーレ
の作り方
簡単に作れる、シンプルなトマトソースで魚介のおいしさを味わうメニューです。
たけのこご飯の作り方
新鮮なたけのこを、おいしい炊き込みご飯にしてみましょう。たけのこだけではあっさりしすぎてしまいますので、コクと旨味が出る油揚げ、鶏肉を一緒に炊き込みます。
ちらしずしの作り方
ちらしずしはひな祭り以外にもお子様から
ご年配の方まで喜ばれますので、家族やお友達の
おもてなしにぴったりのメニューです。
そばのゆで方
少量ずつたっぷりのお湯でゆでるのが
おいしいそばをゆでるコツ。
必要な道具はゆでる前に用意しておきましょう。
白がゆの作り方
米粒がつぶれないように、柔らかく、ふっくらと
仕上げるのが、おいしいおかゆを作るこつ。
今回は、お米から作る本格的な白がゆの作り方を
伝授します。
ひつまぶしの作り方と食べ方
名古屋名物、1つの食材で3度おいしい、
暑い夏に元気の出るメニューです。
宮崎風冷汁の作り方
冷や汁も家庭や地域により
作り方はそれぞれのようです。
すり鉢がない場合には、魚の身を細かくほぐし、
ごまはすりごまを使ってください。
中華ちまきの作り方
竹の皮が手に入らない時は、
アルミホイルで具を包み、
竹串で穴をあけて蒸しても代用できます。
ピザの作り方
手作りピザを楽しんでみませんか?薄力粉と強力粉を同量の割合で作る柔らかめの伸ばしやすいピザ生地です。具材もきのこやアスパラ、じゃがいも、なす、などお好みのものでいろいろと楽しんでください。
ミートソーススパゲティの作り方
ミートソースは日本で生まれたパスタソースで本場ボローニャ地方で作られているボロネーゼソースに似ていますが、トマトの使用量など材料や作り方などに少し違いがあります。まとめて作り冷凍保存すると味もなじみ美味しくなります。ラザニアや野菜や豆腐のミートソースグラタンなどに使えて便利です。

主菜(メインディッシュ)

ゴーヤチャンプルーの作り方
沖縄の郷土料理のひとつですが、各地でも夏の定番料理になってきたメニューです。ゴーヤの苦みも特徴ですが、簡単な下ごしらえで苦みを軽減できますので、おいしく仕上げましょう。
あじの塩焼きの作り方
魚の塩焼きは手軽な調理法ですが、ひとつひとつの下ごしらえをしっかり行うと一段とおいしくなる料理です。
ほんのひと手間でおいしくなりますので、魚のシンプルに楽しみましょう
グラタンの作り方
アツアツのホワイトソースと香ばしく焼けたチーズがおいしいメニューです。今回はかきとほうれん草での作り方をご紹介します。
さばのみそ煮の作り方
さばのみそ煮の作り方
和食の定番・さばのみそ煮は、実はスピードメニューなんです。コツを覚えておけば、すぐにおいしく仕上がりますので、忙しい時にもぴったりのメニューです。
麻婆豆腐の作り方
麻婆豆腐の作り方
中華の代表的なメニューで、ごはんによく合う人気のおかずです。手軽で便利な市販の合わせ調味料もありますが、簡単に作れますので、ぜひ手作りで味わってください。
うなぎの柳川風の作り方
うなぎの柳川風の作り方
うなぎの蒲焼きをひと手間加えておいしくいただきましょう。このメニューは、ごはんにのせて丼にしても良いですし、お酒のおつまみにもぴったりです。
酢豚の作り方
酢豚は「食べるのは好きだけど調理が面倒…」と思っている方が多いのではないでしょうか。今回はお肉を油で揚げずに焼くだけの、簡単な作り方をご紹介します。
ポークソテーの作り方
面倒な下ごしらえもなく、さっと作れます。
2〜3種のソースを準備して、お好みで選ぶのも楽しみのひとつになるでしょう。
筑前煮の作り方
普段のお惣菜やお弁当のおかずにはもちろんのこと、野菜の切り方に手間をかければおもてなしの一品にもなります。鶏肉と根菜類を油で炒めてから煮るため、コクのある煮物になります。
チキンのオーブン焼き
お子様から大人まで好まれる、身近な調味料を使った手作りのバーベキューソース風の味付けはパーティーやおもてなしにもぴったりです。
オーブンに入れている間に、他のメニューの準備もできるメニューです。
鮭のパン粉焼き
パン粉がカリッと香ばしく、おいしいメニューです。魚が苦手な方でも召し上がりやすい調理法ですので、お試しください。
鶏肉のから揚げ
揚げ物は作りたてが一番おいしく味わえますので、ぜひご家庭でジューシーでカリッとしたから揚げを作ってみてください。
チンジャオロースーの作り方
チンジャオロースーは手軽に作れる中華料理。
炒め物は材料と調味料を準備したら、
手早く仕上げられるスピードメニューです。
ぎょうざの作り方
家庭で作りやすい中華料理の一つ、ぎょうざ。
ごはんのおかずにも、お酒のおつまみにもよく合います。具をこねたり、皮で具を包む作業はお子様も楽しんで手伝ってくれます。
肉じゃがの作り方
家庭のお惣菜として食卓に登場する機会の多いメニューなので、それぞれ家庭ごとに「おふくろの味」があると思いますが、ここでは基本的な作り方をご紹介します。
ハンバーグの作り方
ハンバーグは家庭や外食、お弁当などでも
人気の高いメニューです。
たねの成形と焼く時の火加減に気を付けて作ってみてください。また、小さく形をととのえて、お弁当用に冷凍しておくと便利です。
卵焼き(厚焼き卵)の作り方
お弁当の定番といえば、卵焼きを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
今回は人気メニューの卵焼きをマスターしましょう。
豚肉のしょうが焼き
家族みんなが大好きなメニューのひとつ。
お弁当のおかずにもぴったりのメニューです。
フライパン一つで簡単に作れます。
ぶりの照り焼き
冬が旬のぶりを、おいしくいただきましょう。
チーズフォンデュの作り方
今回はチーズフォンデュを一から作ってみます。
冷蔵庫に残っているチーズを加えてもおいしくできます。
ホワイトソースで
クリームシチュー
シチューの素を使わず、ホワイトソースからの
作り方をマスターしてみてはいかがですか。
さんまの上手な焼き方
焼き魚の一番のコツは、強火で表面を焼き上げ、
旨みと水分を閉じ込めること!
はんぺんの伊達巻の作り方

おせち料理の定番、伊達巻。 
はんぺんを使って、ご家庭で簡単に伊達巻が作れます。

つくねの梅だれがけの作り方

梅雨から夏にかけて、すっぱい梅干しとさっぱりとしたお酢料理を食べたいこの季節。

焼売の作り方

中国料理の献立としては前菜・料理・スープ・点心の順に供され、焼売は点心に含まれます。

かに玉の作り方

ふっくらとしたやさしい味わいのかに玉を作ってみましょう。具材のアレンジでいろいろ楽しめます。

コロッケの作り方

お惣菜でも人気の高いコロッケを手作りしましょう。牛肉、豚肉など使うお肉によっても味わいがちがいます。

副菜(サイドディッシュ)

ナムルの作り方
韓国料理の代表的なメニューです。ナムルとは、野菜をごま油で和えたり、炒めたもののことだそうですが、シンプルな味付けで野菜をたっぷり食べられるヘルシーな料理です。
春雨サラダの作り方
つるっとした春雨と、シャキシャキした野菜の食感がおいしい、ヘルシーなメニューです。具材は見た目の彩りも考え、お好みで選んでも良いでしょう。
ほうれん草のごま和えの作り方
シンプルな味付けのごま和えは、ほうれん草のおいしさをストレートに味わえます。
簡単に作れるメニューなので、お弁当にもおすすめです。
ひじきの煮物の作り方
不足しがちな鉄分をとることができるおかずですので、健康のためにも家庭で手作りしてみてはいかがでしょうか。
菜の花のお浸しの作り方
ほろ苦い菜の花は、
春の訪れを感じさせてくれる一品です。
これはお浸しの基本の作り方ですので、
ほうれん草や小松菜などにも応用できます。
ポテトサラダの作り方
もう一品ほしい時に、身近な材料で作れるサイドメニューです。基本をふまえて、加える材料を変えればさまざまなアレンジを楽しめますし、サンドイッチの具材にしてもおいしいです。
ワインに合う、簡単おつまみ
家族揃ってのパーティーやお客様のおもてなしに役立つ、手早く準備できておいしいおつまみ・前菜メニューをご紹介します。
ラタトゥイユの作り方
ラタトゥイユは水を加えず、
野菜の水分だけで煮込む南フランスの料理です。
パスタソースにしたり肉料理の付け合せなどにもアレンジがきく、たっぷりの野菜をおいしくいただける料理です。
たけのこの土佐煮の作り方
たけのこの風味を生かしたシンプルな煮物です。
土佐煮とは、土佐醤油を使う煮物や、かつお節を使う煮物の呼び名です。
なますの作り方
大根のなますはお正月の定番料理。
おせち料理の中でも簡単に作れますので
手作りに挑戦してみましょう。
サーモンとれんこんの
サラダの作り方
れんこんの食感がアクセント。
シンプルなドレッシングで、食材の味が引き立ちます。おもてなしにもどうぞ。
切り干し大根の煮物
の作り方
切り干し大根は保存性、栄養面でもすぐれた食品です。天日に干すことによって殺菌、消毒効果、大根の栄養が凝縮、風味が増すなどよくなる点が沢山あります。普段の食生活に是非取り入れましょう。
ミモザサラダの作り方
黄色・白の彩が華やかなサラダです。卵のゆで方をマスターすると、とっても便利です。ミモザサラダは黄色い小さな球場のふわふわしたミモザの花に似ていることから名づけられました。

汁物(スープ)

ミネストローネの作り方
イタリア語でミネストローネとは、具沢山のことを指します。 具沢山スープは、野菜が同時に煮えるように切り方を調節するのがコツです。 お好きな具材を入れて、作ってみてください。
豚汁の作り方
豚肉のコクが加わり、たっぷりの野菜がおいしい、いつものおみそ汁より食べごたえがある汁物です。家庭や地方によって具が違うメニューですから、冷蔵庫にあるお好みの野菜で作ってみてはいかがでしょうか。
かぼちゃのポタージュの作り方
かぼちゃの自然な甘味がおいしいポタージュです。
簡単に作れて、朝・昼・夜どの場面でも大活躍のメニューですから、ぜひ挑戦してください。
若竹汁の作り方
生たけのこをおうちでゆでると、市販のゆでたけのこにはない『姫皮』もいただけます。
姫皮とは、穂先近くの薄い皮の部分を指します。薄くて柔らかい姫皮は、すまし汁の他、梅肉和えや酢の物にしてもおいしくいただけます。
はまぐりの潮汁(うしおじる)
はまぐりは他の貝と比べて身が大きく、
ふっくらとし、独特のうまみがあります。
シンプルな味付けの潮汁で、
春に旬を迎える貝を味わってください。
コーンスープの作り方
コーンクリーム缶を使ってスープを2種類ご紹介します。 寒い季節には温かいスープが体を温めてくれます。とうもろこしが旬の時期には生のとうもろこしを使うとより美味しくなります。

デザート

芋ようかんの作り方
芋ようかんの作り方
さつま芋の甘さが引き立つ、秋に食べたい和菓子メニューです。
紅茶のパウンドケーキの作り方
紅茶のパウンドケーキの作り方
4つの材料を1ポンドずつ使って焼くところから、「パウンドケーキ」をいう名前が付きました。焼いてから1〜2日経つとバターがなじみ、よりおいしくなります。
かぼちゃプリンの作り方
かぼちゃプリンの作り方
かぼちゃを使ったデザートはお子様や女性に大人気。かぼちゃの存在感を感じられる、しっとりとした口当たりのレシピです。簡単に作れますので、普段のおやつにもおすすめです。
白玉入りフルーツあんみつの作り方
白玉入りフルーツあんみつの作り方
白玉だんごと寒天は時間と手間がかからず、すぐに作れますので、お好みのフルーツをたっぷり使ってあんみつにしてみましょう。
クッキーの作り方
クッキーの作り方
素朴な味わいのクッキーはコーヒーや紅茶などによく合い、ティータイムが楽しくなるお菓子です。
かわいらしくラッピングをすれば、プレゼントにもぴったりです。
杏仁豆腐の作り方
中華スイーツといって一番に思い浮かぶのが、
この杏仁豆腐ではないでしょうか。
寒天は固まり始める温度が高いので、
比較的短時間で仕上げることができます。
ブラマンジェの作り方
アーモンドエッセンスで手軽に作ってみましょう。
「ブラマンジェ(ブランマンジェ)」とは、
フランス語で「白い食べ物」という意味です。
ガトーショコラの作り方
プレゼントやパーティーに活躍する、
人気の高いガトーショコラを作ってみましょう。
クリスマスケーキの作り方
(いちごのショートケーキ)
クリスマスパーティーに欠かせないのは、
やっぱりクリスマスケーキ。
アマンドショコラと生チョコの作り方
バレンタインやプレゼントにもおすすめなチョコレートのお菓子。
レアチーズケーキの作り方
オーブンを使わずに簡単に作れる、優しい味わいのやわらかなレアチーズケーキです。

調理の基本

①素材の扱い方

生たけのこのゆでかた
たけのこは鮮度が命!生たけのこが手に入ったら、まずはゆでてください。
どんな料理にするかはそのあと考えましょう。
ささがきごぼうの作り方
ごぼうは皮に特有の香りがあります。
ささがきにして水にさらし、あくぬきをして
独特の食感とかおりを味わってください。
きのこの切り方
きのこの種類に合わせて、切ったり、
ほぐしたりすると、それぞれの素材の食感を
より一層楽しむ事ができます。
大根の隠し包丁
盛りつけた時に、表から見えないところに
隠し包丁を入れておくと、火の通りがよく、
味がしみこみやすくなります。
栗のむき方
栗の形をまるごと残して皮をむく時は、
お湯につけて鬼皮をやわらかくすると、
むきやすく、簡単です。
鶏もも肉の下処理の方法
鶏の骨付き肉は、骨に沿って包丁を入れます。
関節にも包丁を入れておくと、タレがしみやすく、
火も通りやすくなります。
生カキの洗い方
カキの洗い方にはいろいろな方法がありますが、
今回はご家庭で簡単に出来る方法を提案致します。

②料理のベース

トマトソースの作り方
おうちで簡単に本格的なイタリアンを
楽しめます。
さまざまな料理のベースに大活躍です。
和風だしの取り方
家庭料理に欠かせないのが
かつおや昆布のだし汁です。
料理本などの和食レシピにも必ず登場します。
すし飯の作り方
酢飯はごはんを普段よりやや硬めに炊き、
酢、砂糖、塩の分量は好みにより、
調整しましょう。